読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

可愛いあの子のことだから

関西ジャニーズJr. Funky.8の林真鳥くんを全力応援。記録とステマ用。

ジャニーズWESTライブツアー「なうぇすと」


・PARTY MANIACS

・Unlimited

・パリピポアンセム

〈挨拶〉

・King of Chance

・You're my treasure

・CHO-EXTACY〜アクセントダンス

・Mr.summer WEST

・粉もん

大阪弁ら〜にんぐ

・ギラギラブベイベー


〈MC〉


・無鉄砲ボーイ

・雪に願いを


〈関西Jr.コーナー〉

・ロマンティック

・Hair

・UME強引オン


・エエやんけェ

・アカンLOVE

・ホルモン〜関西に伝わりしダイアモンド〜

・I got the FLOW

・Believer

・one chance

・ええじゃないか

バンザイ夢マンサイ

・夢を抱きしめて

・バリハピ

・人生は素晴らしい

・ズンドコパラダイス

ジパングおおきに大作戦

・KIZUNA


・いま逢いたいからしょうがない

・100% I Love You

・覚悟しろよsummer


バンバンッ!!




…………………………………………






クリパ、京セラ、春松竹に跨ってのツアーはさすがに資金が枯渇するんですけどー!平リーマンにはキツイんですけどー!

とかブツブツ言いながらも結局行った公演全部サイコー!と思って帰ってくるんだからおたくのバイタリティって凄いよね。


わたし個人としては横浜、福井、名古屋、静岡、札幌、広島の計6都市を回ることが出来て、身の詰まった数ヶ月でした。







団扇を持てるコンサートはやっぱり楽しい。もちろん踊ってる真鳥も歌ってる真鳥もお話する真鳥も大好き。でも自分の団扇にたくさん手を振ってファンサービスする真鳥もすっごく好き。

ステージに立つことが幸せだと言う彼の言葉の全てが、その表情に詰まってる気がする。見られたい、ステージで生きたいと思う心が躍っていると思う。ここにいることが幸せだという顔をする。ここにしか生きられないんだという顔をする。その顔はファンも幸せにする。絶対そう。



正直に言って、大阪公演が終わってから北海道公演まで、たくさんいろいろ考えた。

腹が立ったし、落胆したし、馬鹿馬鹿しく思えたし、もうファンを辞めてやりたいって、心底思ってた。その時の気持ちに嘘はないし、いま思い出したって黒いものが湧き上がってくる。そんなんじゃ個人仕事なんて来るわけないじゃん、信頼されるわけない、嫌なこと言われても仕方ない。あの一件に関しては、いまだってそう思ってる。

わたしが現場に行くことをやめてその行動が改まるなら、そうしたって良いって思った。どれだけファン、というか自分が全く真鳥にとって影響力がないか改めて思い知った。







なのにやっぱり生で見ると負けちゃうんだよな。悔しいけど。大好きだって思っちゃう。そういう思いはもう何度だって繰り返してきたし、今度こそはって毎回思うのに、やっぱり大好きなんだよな。


きっとこれからもこのツアーのことを思い出すたびに付いて回る焦げ付きではあると思う。末澤くんのファンのお友達に「なんか末澤くんも一緒に行っちゃってごめんね」って言われたこと、真鳥のファンでいる限りずっと忘れないと思う。末澤くんもお友達も何も悪くないのに、気を使わせてしまったし悔しかったよ。先輩で年上である真鳥が行こうって言えば無理に止められないことくらい、ちゃんとわかってるよ。だからこそ本当に悔しかった。




大好きだから、自慢の自担であってほしい。わがままだとは思うけれど。もう何度だって超えてきた思いだけれど、やっぱりその度に悔しくて悲しくて寂しいよ。

素直に「治ったんだよかったね」って言ってあげられなくって申し訳ない気持ちもあるんだけどね。月並みな言葉だけど、やっぱり真鳥は特別だから。売れて、将来安泰で、幸せになってほしいだけなんだよね。




アメリカへ修行に行くっていう行動を起こしたことは心底誇りに思っているから、たくさん学んで、わたしの知らない顔を見せてね。

もうきっとこんな思いさせないでね。待ってるよ。






でも、こんだけいろいろ言っておいて何だって話だけど、幸せだって思う瞬間もたくさんあった。

今回ほぼ全ての公演お一人様だったんだけど、お隣の方が真鳥が来た時に席を交代してくれたことも何度もあったし、それがきっかけでお友達になった方もいる。「まとくん優しいですね」って言われたこともあった。



見てるだけでもすっごく幸せなのに、素敵な出会いをもたらしてくれたのも真鳥で。

「まとくん優しいですね」「まとくん凄いですね」「まとくんかっこいいですね」そう言ってもらえることがとっても嬉しかった。


なんだか自分が褒められたみたいで。「そうなんです真鳥って凄いんです!」って言いたくなっちゃう。





やっぱり全然知らない他の子のファンと話すきっかけになるのは団扇だったりする訳で、このツアーはそういうことも嬉しかった。

ちょっとずつでもこうやって魅力が伝わって広がっていけばいいな。








…………………………………………







・パリピポアンセム

出てきた瞬間の真鳥の「いっちょやったりますか!」って顔が大好き。たぶんここが勝負どころって思ってるんじゃないかな。コンサートにおいて始めの盛り上がりって凄く大切だから。

スタンドのファンをこれでもかってくらい煽ってる姿がかっこいい。言葉そのまま全身で踊って、拳を突き上げて。縦花に移動してからは毎度ながら本当よくファンを探すなって思う。でもここではほぼカンペに対応せず煽ってる。ちゃんと、やるところとやらないところを決めてるみたい。

「1,2,3,4,5!」の連続投げチューはとってもあざとい。



・照史くん挨拶

照史くんが客席を煽るたびに手を上げ、元気に豚足ピースをし、関西Jr.と呼ばれたら腕振り回して叫んでしっかりカメラアピールも忘れない。

地声雄叫び当番になったときは自分の個性が出るようにLOCK。他の子のときはちゃんとその子に注目して親指立ててグー!ってしてる。

照史くんの「その手離さんからな」は右腕を左手で掴んでしまうことがほとんどだけど、ベストの内ポケットだったりズボンのポケットだったりいくつかレパートリーがある。





・King of  Chance

前奏では大橋くんとチャラいハイタッチ的なことをやったり、柊和くんとお話してみたり、照史くんと握手したりいろいろ。

ペットソロはじっと神山くんを見上げて聞き耳立ててるみたいで、そこには心配とか信頼とかいろんなものが混じってるみたいな顔。

ただノってるだけのフリーな感じの踊りは、両手で上指差して天仰いでみたり、ツーステップしたり縦乗りだったり。ユニゾンに入った瞬間にニヤリとして表情が変わるのも堪らないポイント。





・Mr.summer WEST

ここで可愛い方の真鳥が登場。とにかくシャカリキに楽しそうに飛び回る。メンステ立ち位置だったときはFunkyメンバーとアイコンタクトしたり軽く言葉を交わしたりしてコミュニケーション取ってる。

「虹のビーチへ飛ぼう」で両手を平泳ぎみたいに掻くところがフェアリー感満載でとってもキュート。「オレ!オマエ!ジャニーズWEST!」の振付は自分の団扇持ってる子をピンポイントで指差し。優しい。重岡くんのバイクに轢かれかけたりもする。

メインの被り物チェンジまでのストップもずっと団扇探して見つけたら頷くか手をパーにしてちょっと振る。リズムに合わせて頭揺らしたり手でビート取るのも可愛い。



・粉もん

神山くんの日替わり一言(ツアー後半はただの下ネタ)に毎回ちょっと俯いて眉毛をハの字にして笑う。

かと思えば曲始まりと共に爆踊り。「ハイハイ!」ってめっちゃ大きな声で叫んでる。間奏も全ての音拾って踊ってる。君の音ハメスキルには毎度感心するわ。



大阪弁ら〜にんぐ

とにかく!前奏が!可愛い!!!!死人が出る!!!!「まるで清水のような清涼感」のところ、顔も手の使い方が明らかに幼くて、わざとやってるのはわかってるんだけど手フェチのわたしは毎回変な声出す。

足踏みでも「ヒョウ柄のエコバッグ」のところも歌いながらずっとコクコク頷いてるのが可愛い。朝田くん(地方にもよって丈一郎だったり)とグータッチしたり両手でキツネ作ってチューさせたり楽しそうに笑いあってる。



・ギラギラブベイベー

振付の全てのハートが指で作るタットのハート。この曲も振付の隙間隙間でファンサービス。「気持ちはすっぽんぽんで飛び込め」のウエーブからの両手広げて片足飛びでターンする振付が凄くかっこよくて真鳥らしさがある。

メンステに戻って上段で最後のキメは、正座してお茶飲んだり、指でえげつないポーズ(語彙)取ってたり、グリコポーズだったり。ポーズいじってもらってモニター大写しでタットしてたのは凄く嬉しかったな。







・無鉄砲ボーイ

スタンバイが結構早い。古謝くんとたくさんアイコンタクトしてたくさん笑う曲。広島で階段で思いっきり躓いたときも古謝くんにめっちゃ笑われてた。まとこじゃタットもモニターに毎回抜いて貰えるし本人も生き生きしてる。

センステで間奏のピアノパートをきちんとピアノの蓋開けて鍵盤の保護布取ってから弾き始める芸の細かさ。「こんなんじゃ I'm a落ち武者」でクリックするときは末澤くんと楽しそうに見つめあってる。その後のバンバンバン〜のところで末澤くんと嬉しそう〜にグータッチ。凄く楽しそうで可愛い。




・ロマンティック〜Hair/ブリュレ〜UME強引オン!!

真鳥が踊るロマンティックが大好き。顎をなぞる振付が凄くセクシー。真鳥もやり慣れた曲の中で客席たくさん見てて楽しそう。

Hairは間奏以外は真鳥の振付・構成。メンバーがセンステを踊りながら回っていく構成は凄くファン思いだなと思う。全員が見えるように。振付てないはずの間奏の音ハメもさすがとしか言いようのないかっこよさ。

ブリュレは始まって2秒で「真鳥の振付!」ってわかる。真鳥らしさが詰まってた。間奏で縦一列になるところだったり、センターを変えてくるところとか、ちゃんとファンの「見たい」を叶える振付・構成だった。

UMEは下手横花でリチャードたちとエアバンドするところが凄く好き。日によってベースだったりピアノだったりドラムだったり自由度が高い。





・エエやんけェ!!

福井では小瀧くんとコソコソお話してて可愛かった。「あんたに惚れたで」を自分のファンにピンポイントでやるのはずるい。あれをやられて生きて帰った者はいないと言う。(大嘘)

「わたしも好きや!」が可愛すぎる。


・アカンLOVE

ピロピロ〜で縦花の反対側に移動してくるのがウザ可愛い。「お前と俺の境界線」のところもやっぱりファンをピンポイントで指してるけど、境界線はあるのかよ!取っ払ってくれよ!って毎回思ったのはわたしだけではないはず。

振り真似はメインをよ〜く見ててふにゃ〜っと笑いながらやってる。特にセクシー系の振付はめっちゃ笑ってる。


・ホルモン〜関西に伝わりしダイヤモンド〜

「ぷるっぷるな肌 器測るにゃ」はぶりっ子なのに、Fu!Fu!で突然どエロい投げチューを放っている。(後に松竹でモノマネされた)

後半は疲れてくるのか若干省エネモードに入る。おじさん頑張って。




・I got the FLOW

今回のコンサートで唯一と言っていいほどガチガチにかっこいいHIP HOP。本人も一段とギラつく。

「刺激的young 衝撃的young」の下腹から手を這わせて肩を払う振付がすっごくセクシーでいい顔してる。「Let's rock!Let's go!」の腕を思い切り振るところは一気に激しくなるからその緩急がまたかっこいい。

メンステから縦花に出るところで階段からジャンプしてくるのも真鳥にしては大胆に動いててかっこよかったな。何より真鳥が楽しそう。





・ええじゃないか

結構な確率でド頭の振付を間違えてリチャード見て「ハッ」ってなってた。この曲はめぇからよく間違えてるから想定内。「ほんまにほんまにほんまにほんまに」の指回しが逆回転(外回し)なのも可愛いポイント。


バンザイ夢マンサイ

さすがに踊り慣れた振付。「酸いも甘いも抱きしめ」の振付の手がかっこいい。あとかっこいいグリコ…基いTHIS IS ITマイケル・ジャクソンポーズの姿勢が美しい。


・夢を抱きしめて

真鳥のウエーブって本当可動域が広いし、ねっとりしててセクシー。最後のサビで自分をぐわっと抱きしめる表情がギラギラしてる日と切なそうな日とあって今日はどっちかな?と毎回楽しみだった。





・バリハピ

淳弥とたくさんわちゃわちゃ。名古屋では今江くんと。グータッチしてみたりハイタッチしてみたり、シカトされたりぎゅーっとハグしたり。電車ごっこは最初の方はぎゅっと集まってぴょんぴょん跳んでるだけだったのに、公演を重ねるごとにどんどん激しくなる。最後の方はもうヘドバンも通り越してた。「この掌は傷つけるため」で一瞬後ろ向く隙にファンサしてて本当職人。


・人生は素晴らしい

前奏の手をぐっぱするところが可愛い。あと、真鳥は歌詞をよく歌っているから「ひとつ ひとつ」で指一本立てながらの「つ〜」のお口がとっても可愛い。「僕と僕と」の一回目の「僕と」で頭グンって下げるところがシャカリキでめちゃめちゃ笑顔で可愛い。




・ズンドコパラダイス

「キンキラキンの金!(金!)」の裏の金!で両手で目元でピースして目がなくなるくらいのスマイルをかます真鳥がとっても元気で可愛かった。こちらも「パラダイス〜」の「ス〜」のお口が可愛い。


ジパングおおきに大作戦

「おおきに〜」の手、真鳥は小指が立ってる。「日本の空に」の首回すところもアイソレ聞いててかっこいい。






・いま逢いたいからしょうがない

アンコの衣装似合ってて大好き。真鳥は途中まで順調にファンサ砲炸裂させながら進むんだけど、横花の辺りまできたところで時間足りなくなって駆け足になる。もしくは後ろのメンバーに押されていく。相変わらず時間配分が下手。振付の両手指差しはファンがいればそこにピンポイントで。


・100% I Love You

アンコなのに結構踊る。「携帯の音が鳴った」で腕回すところが好き。お手振りしながら縦花をドタバタダッシュしてくところが好き。


・覚悟しろよsummer

頭サビで腕を振るところですっごく客席よく見てる。メンステ側上手外周に行くのはここだけだから、そこにいるファンを見逃さないように、一生懸命探してるんだろうな。優しいな。「Forever 忘れない」でニコニコで横揺れしてるのが可愛い。「Ready Fight!」でファイティングポーズは毎回。「WIN掴むんだ」でアルファベットを腕で作ったりもしてたな。何より後奏でメンステ半分ダッシュしていつもの8人と肩組んでぐるぐる回ったり吉岡くんとシャドーしたり本当に楽しそうでこっちまで嬉しくなる。


・メイン挨拶〜Jr.紹介〜捌け

メインの挨拶が始まるまでのちょっとの間でずっとメンバーとお話したりリチャードに膝かっくんされたり。Jr.紹介では拳突き出してほっぺ膨らましてアピール。最後の手繋ぎは淳弥と手を繋ぐんだけど、汗拭いてから手を繋ごうとするからコラ!ってされたり照史くんとお話したりもしてた。重岡くんがふざけるとふにゃ〜って笑ってた。捌ける最後の最後までファンにお手振り。やっぱり優しいな。






…………………………………………





ここ2年近くオーラスや千秋楽に入ってない。それより前は最後かも知れないから見なきゃって使命感みたいなものがあったけれど、いまはこれが最後になっちゃうような気がしてちょっと怖いから。もし最後が来たときに、そのとき真鳥がどんな顔をするのか見るのが怖いから。

真鳥が幸せそうに楽しそうに踊って歌って、ファンにたくさん幸せをプレゼントしてる姿をずっと見ていたい。たとえ最後の姿を見られなくても、いつも通りキラキラ笑顔で楽しそうな真鳥で終わりたい。
まだしばらくはオーラスや千秋楽には入れなさそう。

いつかそんな一瞬たりとも心配しないで済む千秋楽がありますように。